天使の数を見つけてください

自動車事故の後に過失者から金銭的補償を請求する方法

  金銭的補償

交通事故に遭った場合、加害者から金銭的補償を請求する方法について疑問に思うかもしれません。このプロセスは困難に思えるかもしれませんが、正しい情報があれば、比較的簡単に実行できます。事故後の損害賠償請求までの流れをご紹介します。また、成功の可能性を最大化するためのヒントも提供します。それでは始めましょう!



成功のチャンスを最大化するための 6 つのヒント。

1) 弁護士を雇う

交通事故の請求の最初のステップは、経験豊富な人身傷害弁護士を雇うことです。弁護士は、あなたの請求に関連するすべての事務処理と交渉を処理し、可能な限り最大限の補償を求めて戦います.弁護士なしでは、保険会社や請求プロセスに関与する他の当事者と取引する際に、非常に不利な立場に置かれることになります。に相談することで、 ザナドゥ、テイラーズビル、ユタ州人身傷害弁護士 、あなたの事故がユタ州であった場合、必要なすべての情報とガイダンスを得ることができます.さらに、大部分の人身傷害弁護士は不測の事態に備えて働いています。つまり、彼らがあなたに代わって和解または評決を確保することに成功した場合にのみ、あなたは彼らに支払う必要があります.



2) 治療を受ける

2番目のステップは、怪我の治療を受けることです。事故直後は気分が良くても、できるだけ早く医師の診察を受けることが重要です。むち打ち症などの一部の怪我は、事故後数日または数週間経過するまで現れない場合があります。迅速な医師の診察を受けることで、怪我が十分に文書化され、請求の証拠として使用できるようになります。



  • むち打ち損傷:これは、自動車事故によって引き起こされる最も一般的なタイプの損傷です。頭を前方に急に動かした後、急に後方に動かしたときに発生し、首の筋肉と靭帯が通常の可動域を超えて伸びます。むち打ち症は、首や肩の痛み、こわばり、可動域の減少を引き起こす可能性があります。むち打ち症の症状が現れるまで数日または数週間かかる場合があるため、事故直後は痛みを感じなくても、医療機関を受診することが重要です。

3) 事故の記録

3 番目のステップは、主張を裏付ける証拠を収集することです。これには、事故現場の写真を撮ること、目撃者の連絡先情報を入手すること、関連する警察の報告書または医療記録のコピーを収集することが含まれます。時間の経過とともに記憶が薄れ、証拠が消える可能性があるため、できるだけ早く事故を記録することが重要です。後で役立つドキュメントには、次のものがあります。

  • 警察の報告書: 誰が過ちを犯したかなど、事故の基本的な事実を記録します。
  • 医療記録: 事故で負った怪我と受けた治療を記録します。
  • 保険情報: これは、保険会社との交渉の出発点となります。
  • 目撃者の証言: 何が起こったのかについて論争がある場合、これらはあなたのバージョンの出来事を裏付けるために使用できます
  • 写真:車両の損傷や事故現場を示すために使用できます。

4) 保険会社に請求する

4番目のステップは、 クレームを提出する 過失運転者の保険会社と。ほとんどの保険会社には、記入して送信できるオンライン請求フォームがあります。警察の報告書、医療記録、事故現場の写真など、すべての関連文書を必ず含めてください。保険会社があなたの請求を受け取ると、事故を調査し、損害賠償の責任があるかどうかを判断します。彼らが責任を負うことが判明した場合、彼らはあなたと和解を交渉します。和解提案に満足できない場合は、弁護士を雇って保険会社に対して訴訟を起こすことができます。



5) 和解の交渉

5番目のステップは、保険会社との和解交渉です。保険会社は請求の支払いに関してけちなことで知られているため、このプロセスは注意が必要です。しかし、経験豊富な弁護士の助けを借りて、あなたが受ける権利のある全額を得る可能性がはるかに高くなります.たとえば、長期の治療を必要とする重傷を負った場合、弁護士は、医療費、失われた賃金、および痛みと苦しみに対して全額の損害賠償を得るために戦います.



6) 裁判所への申し立て

最後のステップは、保険会社があなたの請求を拒否した場合、またはあなたが公正な和解に達することができない場合、あなたの請求を裁判所に持ち込むことです.これは通常、最後の手段です。 訴訟 費用と時間がかかる可能性があります。ただし、説得力のあるケースがあり、完全な補償以外は受け入れたくない場合は、裁判所に請求するのが最善の選択肢かもしれません。裁判所の手続きは複雑になる可能性があるため、経験豊富な弁護士を味方につけることが重要です。裁判所の手続きには、次の手順が含まれる場合があります。

  • 苦情を申し立てる: これは、裁判所に申し立てを行うための最初のステップです。あなたはファイルする必要があります 裁判所への苦情 そして過失者に仕えます。苦情には、あなたの法的請求とあなたが求めている救済の概要が記載されています。
  • 証拠開示: 訴状が提出されると、双方に証拠開示を行う機会が与えられます。これは、当事者間で情報と証拠を交換するプロセスです。
  • 裁判: 証拠開示中に事件が解決しない場合は、裁判にかけられます。裁判では、双方が証拠と主張を裁判官または陪審員に提示し、裁判官または陪審員が評決を下します。
  • 判決: 裁判で勝訴した場合、裁判所はあなたに有利な判決を下します。判決は、あなたが求めている救済をあなたに与えるでしょう。 金融 あなたの損害賠償。
  • 執行: 過失当事者が自発的に判決を支払わない場合、それを執行するための措置を講じる必要がある場合があります。

交通事故に遭った場合は、まず加害者の保険会社との請求を解決するようにしてください。それがうまくいかない場合は、苦情を申し立てて裁判所に申し立てることができます。経験豊富な弁護士に依頼することで、適切な賠償金を得ることができます。



友達と共有します: