恥ずかしさに対処するための8つのヒント

恥ずかしさを感じることは、誰も本当に好きではないことです。恥ずかしい状況に置かれるのは厄介な場合があり、それは一般的にほとんどの人が避けたいものです。そこにいる最も自信のある人でさえ、時々恥ずかしい思いをするでしょう。つまり、恥ずかしさはごく普通のことであり、特定の状況で恥ずかしさを感じると異常になると考えるべきではありません。しかし、恥ずかしい瞬間を乗り越えるのに苦労している人もいます。恥ずかしい状況が心配で、恥ずかしさの感情に対処するのが難しい場合は、状況を改善するためのヒントが必要になることがあります。

ソース:rawpixel.com

恥ずかしさに対処するための次のヒントを見てください。これは、恥ずかしい状況に自然な方法で対処するのに役立つはずです。あなたはそれがあなたの人生に実質的に否定的な方法で影響を与えることなく恥ずかしさを乗り越えることができます。あなたはただ状況にアプローチする方法とあなたの頭の中で過去の瞬間に戻るのをやめる方法を知る必要があります。うまくいけば、これらの8つのヒントによって、恥ずかしさに効果的に対処でき、今後のことについての心配がはるかに少なくなります。



  1. 恥ずかしさが過去にあることを理解する

恥ずかしさに対処することを学ぶとき、あなたを助ける最初の大きなことは、恥ずかしい瞬間が過去にあることを理解することです。これらのことはすでに起こっており、それらを変更するためにできることは何もありません。それらの瞬間を乗り越えるのは大変だったかもしれませんが、あなたは今ここにいて、すべてが大丈夫です。過去に起こったことはあなたを傷つけることはできず、あなたが誰であるかを定義する必要はありません。過去を手放して、先に進み、未来を楽しむことができるようになるのが最善です。これは、一部の人にとっては言うよりも簡単ですが、努力すれば、過去に生きることをやめ、恥ずかしい瞬間に集中することができます。



  1. 恥ずかしい思いをして謝罪する必要がないことを知ってください

あなたに起こったこれらの恥ずかしいことは、あなたが恥ずかしいと感じるかもしれません。恥ずかしい思いをする人もいますが、これは事態を悪化させる可能性があります。恥ずかしい思いをしているので、謝罪する必要があると感じるかもしれませんが、これは実際には必要ありません。恥ずかしい思いをして謝罪する理由はありません。これは通常、特定の事柄に対する自然な反応です。たとえば、ほとんどの人は、誰かがシャワーを浴びて彼らの上を歩いたり、人々のグループの前でつまずいたりすると、少し恥ずかしい思いをするでしょう。これらのことはただ起こり、あなたはこれらの出来事に対して恥ずかしい反応をすることによって何も悪いことをしませんでした。

  1. あなたの気持ちについて誰かと話してください

恥ずかしさに対処することは、実際には、正常に戻る方法を見つけることです。普通で安心したいので、安心できる人と話すのは理にかなっています。恥ずかしさの気持ちに苦しんでいる場合は、信頼し、尊敬している人と話すようにしてください。あなたがどのように感じているかを彼らに知らせ、あなたがそれを快適に行えるようになった場合に何が起こったのかを彼らに伝えてください。これらの人々が物事を視野に入れ、気分がはるかに良くなることに気付くでしょう。この恥ずかしい瞬間を経験したことで人々があなたを判断していないこと、そして恥ずかしさがあなたの頭の中にただ生きていることをあなたが理解しやすくなります。強力なサポートシステムを導入することで、恥ずかしさへの対処が他の方法よりもはるかに簡単になるはずです。



ソース:rawpixel.com
  1. 状況で笑うことを学ぶ

状況に慣れると、過去に恥ずかしかった状況を笑うことができるようになるかもしれません。もちろん、これはあなたが経験した恥ずかしさのレベルに依存するかもしれません。恥ずかしさを乗り越えるのは難しいかもしれません。これには、本当にトラウマ的または侵襲的なものが含まれる可能性があります。しかし、通常の恥ずかしい瞬間は、肩をすくめて笑うことができるものになるかもしれません。正しい視点で物事を考えると、ばかげた間違いをしたり、転んだりして自分を笑うことができるかもしれません。

  1. 恐れることは問題ないことを理解する

恐れることは、恥ずかしい状況を経験した後、あなたが前進するのを妨げる可能性がある何かです。誰かと恋に落ちたときに初めて恥ずかしいことが起こった場合、それはしばらくの間あなたに固執するでしょう。そのようなことでもっと恥ずかしい思いをするのは普通のことであり、同じ恥ずかしさを再び経験することを恐れる人もいるかもしれません。あなたのやり方を感じるのはやや自然であり、あなたの恐れは正直なところから来ています。しかし、これはあなたがあなたの恐れにあなたを支配させる必要があるという意味ではありません。

恐れに直面しなければ、長い間轍にとらわれることになります。恐れているために特定のことができるとは思えない状況になりたくありません。誰もが恐れを抱いており、恥ずかしい状況を恐れても不思議ではありません。恥ずかしさに対処するのに苦労している場合は、いつでも恐怖に対処しやすくするための助けを得ることができます。何かがおかしいことを認め、より良くなるための措置を講じるには、実際には力が必要です。誰もが夜に彼らを維持するものを持っていることを知っている自分を信じてください。



  1. 完璧なものはないことを理解する

自分で設定した基準を満たせないために恥ずかしい思いをする人もいます。失敗するのは恥ずかしいことかもしれませんが、失敗を自分の終わりにする必要はありません。あなたの失敗から学ぶことはあなたをより大きな成功へと駆り立てる可能性を秘めています。多くの人が、成功事例から学ぶよりも失敗から多くを学ぶと言っています。これを知っていると、過去の恥ずかしさを利用して、自分をより大きな成功へと導くことができます。過去に恥ずかしさを引き起こしたことを見るには、複数の方法があります。

完璧主義は得られないので、完璧主義者になろうとするのをやめることができるのも事実です。あなたは自分が間違いを犯し、時には厄介なことをする人間であることを認めなければなりません。時々恥ずかしいのはあなただけのように感じるかもしれませんが、これは単に真実ではありません。非常に多くの人々が今同じような状況を経験していて、彼らはあなたと同じ疑問を持っています。完全に完璧なものはありません。人生で恥ずかしい瞬間があります。自分の欠陥やすべてを認めることを選択した場合は、それらの瞬間を乗り越えることができます。間違いから身を隠したり、恥ずかしさを恐れて改善を妨げたりしないでください。

ソース:rawpixel.com
  1. そこに出て、もう一度やり直してください

恥ずかしさを恐れて、そこに出て再試行するのを妨げてはなりません。あなたが恥ずかしさを永久に乗り越えたいのなら、それをする最良の方法はあなたがあなたの人生を生きることを止めさせないことです。これは、過去にあなたを当惑させたのと同じことをすることを意味するかもしれません。過去の恥ずかしい瞬間を追体験することを心配するかもしれませんが、このようにする必要はありません。物事は同じように進む必要はなく、何かがうまくいかなくても、頭を高く保つことが可能になります。物事についてそれほど心配する必要はありません。外に出て、すべてを捧げる準備をしてください。



恥ずかしい瞬間から学ぶのに時間をかけたなら、前回とても恥ずかしい思いをさせたものを避けるのに問題はないはずです。他の問題が発生する可能性があり、それは完全に許容されます。先に述べたように、完璧さはあなたがそれほど心配すべきことではありません。努力を注ぎ、自分を信じることに関心を持ってください。それができれば、はるかに良い立場に立つことができます。

  1. セラピーを求める

セラピーを求めることは、ほとんどの人が恥ずかしさに対処するための素晴らしい方法になるでしょう。あなたの人生にあなたに付きまとう恥ずかしい瞬間があったなら、あなたはいくつかの援助を必要とするかもしれません。一部の人々はそれらの恥ずかしい瞬間を手放すのに苦労していて、物事を正常に戻すために少しの助けが必要かもしれません。セラピストは、屈辱がいかに厳しいものであるかを理解しており、それがあなたの精神に影響を与える可能性があることを知っています。ありがたいことに、セラピストと一緒に仕事をしていると、恥ずかしい状況を乗り越えることができます。



ソース:rawpixel.com

セラピストはあなたが健康的な方法であなたの感情を処理するのを手伝うことができるでしょう。あなたが経験した恥ずかしさのために屈辱を感じる代わりに、それを乗り越えることが可能になります。何が起こったのかを受け入れ、決して気分が悪くならない理由を学ぶことができます。セラピストは、あなたが強い恥ずかしさを感じているときにも役立つ対処メカニズムを喜んで教えてくれます。このような専門家の助けがあれば、恥ずかしさに対処する能力がはるかに高くなります。

一部の人々は、彼らがどれほど便利で手頃な価格であるかという理由で、BetterHelpのようなオンライン治療オプションを探すことを選びます。これは、家を出ることなく治療を受けるための素晴らしい方法です。あなたはオンラインで素晴らしい治療を受けることができます、あるいはあなたは地元のセラピストと一緒に伝統的なオフィスの場所で助けを得るのを選ぶことができます。何を選んだとしても、セラピストに頼るときは決して一人ではないことを知っておいてください。