子供の頃の段階は何ですか?

一部の子育ての最も難しい部分は、子供が発達段階のどこにあるのか、そして子供が成長して学ぶのを助けるために何をすべきかを理解することです。子供の頃の発達の年齢範囲は混乱を招く可能性があり、子供が成長し続けるにつれて経験する段階はたくさんあります。あなたが新しい親であり、あなたがあなたの子供の発達を常に把握したいのであれば、これは子供の頃の各段階とあなたの子供の人生の各段階で何を期待するかについて議論する記事です。



ソース:pxhere.com





  1. 新生児(誕生から1か月)

子供の頃の初期段階は、子供が子宮を離れると始まります。子どもの発達のこの段階で、子どもは触覚や音などの外部刺激に反応し始め、自分の視界に近い物体を識別し、特定の匂いを認識し、顔の表情や叫び声を使ってニーズを伝え始めます。 。

  1. 乳児期(1〜12か月)

子供は、1か月から1歳までの乳児期の発達期にあると見なされます。乳児期に、子供は自分の周りの世界に対してより複雑な反応を示し始めます。最も注目すべき進展のいくつかには、頭の動きを制御する乳児の能力、親のサポートなしで起き上がる能力、および名前を認識して応答する能力が含まれます。



彼らはまた、通常6ヶ月から9ヶ月の間に起こるせせらぎの音を出し始めます。乳児は、9ヶ月前後から12ヶ月頃まで、自分で這って立ち上がるだけでなく、手で物をつかむことができるようになります。



6666は愛を意味します
  1. 幼児(1年から3年)

幼児期は、子供たちが自分の周りの世界や自分の体についてもっと学び始めているという点で、青年期に似ています。幼児はまだ自分の体に完全に順応していませんが、幼児は動きがかなり進んでおり、自分で歩く、飛び回る、物に登る、指示に従う、簡単な文章を作成するなどのことができます。創造的な活動。これらの活動は快適さを提供するのに役立つので、彼らは就寝時のルーチンなどの儀式的な行動も好きになり始めます。



ソース:unsplash.com

  1. 就学前(3〜5年)

子供の発達の就学前の段階は、幼児の段階の高度な形態にすぎません。就学前の段階で、子供たちは彼らの運動能力だけでなく、彼らの語彙と会話能力を向上させ始めます。生活のあらゆる面を完全にコントロールできると期待するべきではありませんが、子供は自分で服を着たり、自分でトイレに行くなどの基本的なことができるようになります。

  1. 学齢期(6歳から12歳)

子供の人生の学齢期の部分は、彼らが自分自身のより成熟したバージョンに変わり始めるときです。学齢期を経た子供は、性別特有の第二次性徴を発達させ始め、同性の子供との友情を築くことにより焦点を合わせ、以前に発達した運動能力をよりよく理解するようになります。ステージ。彼らが学校に通い、彼らの周りの世界についてもっと学ぶにつれて、彼らの会話スキルも向上し始めます。



  1. 青年期(13歳から18歳)

エンジェルナンバー919ツインフレーム

出典:pixabay.com



青年期は大きな変化の時期であり、時には混乱したり困難な変化を起こします。青年期を通して、子供は性的に発達し始め、異性または同性のメンバーに対する感情を経験し始めます。ここ数年は個性が大きなテーマであり、お子さんが個性を伸ばし、考えや意見を出し始めていることに気付くかもしれません。



彼らが年をとるにつれて、彼らは彼らの友人や人間関係にもっと焦点を合わせ、彼らの独立したライフスタイルを開発するために彼らの家族にあまり焦点を合わせないでしょう。必ずしも困難な時期ではありませんが、思春期の若者は多くのプレッシャーに直面しており、人生のこの段階を通過している間はいつでもサポートを利用できます。



あなたはあなたの子供と問題を抱えていますか、それともあなたの子供が経験しているかもしれない何かについて話す誰かを探していますか?その場合は、https://www.betterhelp.com/start/にアクセスすることをお勧めします。

BetterHelpは、それを必要とする人々に手頃な価格で便利なオンラインカウンセリングを提供するのに役立つオンラインカウンセリングプラットフォームです。これらのサービスの恩恵を受けることができると思われる場合は、上のリンクをクリックすると、適切なオンラインカウンセラーとつながるのに役立つページが表示されます。